親の借金の返済義務はあるのか

      親の借金の返済義務はあるのか はコメントを受け付けていません。

親の借金の返済義務はあるのか

親と同居している方もいれば、成人して一人暮らしや恋人ができ結婚をして家庭を持つという方もいるでしょう。親と共に生活をしている場合には、親がどのような生活をしているか把握しやすいですが、離れて暮らしている場合には、親がどのように生活をしているのか把握しにくくなります。

親が金銭的に厳しい状況となり借金を抱えている可能性などもゼロではありませんが、親の借金など子供に話していない場合には後から発覚するケースも少なくありません。特に、親が亡くなった場合などに発覚することもあります。

子供に返済義務はない

親の借金については、基本的に子供に返済義務はないというのが法律上決まっています。ただし、子供が保証人、連帯保証人になっている場合には別です。

しかし、親の借金となると、返済義務はないことを知らない人に対して、業者側は、親の扶養義務などを盾に困っている親を助けるためというような言い回しで借金を回収しようとしてくるケースもあります。しかし、扶養義務というのは、借金の返済は含まれていないため支払う必要性はないと判断できます。そのため、親の借金が発覚したからといって、動揺せずに業者側から何かいわれても法的な責任はないということで態度でしっかりと示すことも大切です。

親の借金の返済をしつこく業者が求めてくるという場合

もし、親の借金の返済をしつこく業者が求めてくるという場合には、その業者が貸金業者なら金融庁に通告しましょう。業者側が脅迫罪や強要罪など成立する可能性もでてくる点から、状況によっては警察に相談するというのも一つの選択肢です。また、いくら法律上子供に返済義務がないからといっても、自分の親が督促されている状況をただ見ているというのも、気分的によくありません。状況によっては、債務整理などの方法で解決をはかるということも有効な手段です。

親が亡くなった場合の借金

親が亡くなった場合に、借金が残っているケースでは、子供が相続する状況が発生します。この場合、相続してしまうと借金を返済する必要性がでてきます。このような状況を回避するために、相続放棄をするということで解決しましょう。

相続放棄

相続放棄をすることで、遺産、そして借金も相続しないということになります。遺産として残してもらったものよりも、借金の額が上回る、引き継ぐ遺産がなく借金だけが相続の対象となっている場合には、相続放棄をするほうがいいでしょう。

ただし、相続放棄をするという場合には注意点などもチェックしておきましょう。原則として親が亡くなってから3か月以内に家庭裁判所で手続きをする必要があります。

例外などもありますが、これは、親が亡くなってから3ヶ月が経過した後の段階になって初めて借金があることが判明した場合なども相続放棄が可能な場合があります。

このようなケースでは、弁護士などを頼って相談してみるといいでしょう。もう一つの注意点として、親が亡くなってから、その財産を少しだけでも相続することにより相続放棄ができなくなる可能性がある点です。

限定承認

もう一つの方法として、限定承認という方法があります。これは、相続をする段階で借金がいくらあるのか不明瞭な場合に、遺産の範囲内で借金も相続するという方法です。そのため、遺産以上に借金があった場合でも、遺産の範囲内で借金を相続することになるため借金が遺産以上の額となることにはなりません。

まとめ

このように親の借金に関して、子供に返済義務はありませんが、きちんとそのことを把握しておくことも必要です。特に、親が借金をしているということは発覚しにくいのも実情のため、普段から親とできるだけコミュニケーションをとり、生活状況などもある程度把握しておくことで、借金などの有無をチェックしてみることも大切だといえるでしょう。