住宅ローンが払えない場合には、どのように対処すればいいのか?

      住宅ローンが払えない場合には、どのように対処すればいいのか? はコメントを受け付けていません。

1.住宅ローンが払えなくなったらどうなるのか

以前はギャンブルなどの浪費が原因で住宅ローンが払えないという人が多かったですが、真面目に働いている場合でも倒産収入の減少などの様々な理由で住宅ローンが払えなくなる人が増えてきているようです。

もしも住宅ローンが払えない状態が続くと、金融機関から連絡があるのでその時点で入金できれば問題はありません。ただ電話連絡の時点で返済が難しい状態であったり無視してしまうと催告書督促状での通達にかわり、それでもローンの支払いが確認されなかった場合は期限の利益喪失通知が届くのです。

期限の利益喪失通知はローン残高の一括請求であり、これに応じられなかった時には最終的にローンがかけられている住宅が差し押さえ・競売にかけられてしまうのです。ただ住宅が競売にかけられても住宅ローンの残高が残ってしまう可能性もあるので、場合によっては住宅を失っても借金が残ってしまうリスクがあります。

2.住宅ローンが払えなくなった場合の対処法

もしも住宅ローンが払えなくなった場合、対処法として提案されているのが債務整理です。

債務整理では任意整理個人再生自己破産などの手続きが利用できるようになっており、借金そのものをなくしたり借金を整理して返済しやすくすることができます。特に任意整理は住宅ローン以外の借金がある人の場合はメリットが大きいと言われていますし、個人再生の場合は原則として5分の1まで住宅ローンを圧縮できるので有効な手続きと言えます。

ほかにも任意整理できなかった場合に行われる特定調停や、最終的な手段として用いられている任意売却という方法もあります。

任意売却は結果的に住宅を手放さなければいけませんが、競売よりも高額で住宅を売却できる可能性が高いです。また引っ越し時期に融通をきかせてもらえたり、手続きや引っ越しに関する費用の持ち出しもありません。このため債務整理が利用できない場合の手段として有効ではありますが、住宅を手放すので最後の手段として検討する必要があります。

3.債務整理や任意売却をする際の注意点

債務整理や任意売却によって払えない住宅ローンを解決することが可能ですが、注意点として「ローンそのものを解消できる方法が少ない」ところが挙げられています。

基本的にローンそのものを解消することができるのは自己破産と任意売却の2種類であり、自己破産をするとその後のローン審査に関して様々なデメリットを被ります。そのため気軽に選択できる手段ではありませんし、任意売却は債権者や連帯保証人に許可を得なければ利用できません。また売却金額が住宅ローンを下回ってしまった場合は借金が残ってしまうので、返済義務を背負ったままになるところも注意が必要です。

それ以外の対処法である任意整理や個人再生の場合はあくまで「借金を圧縮して返済しやすくする」ものなので、返済義務は残ったままになります。特に任意整理の場合は住宅ローンを圧縮するのではなく、住宅ローン以外の借金を圧縮するので他の借金がない人にはあまりメリットがない手段です。

このように対処法にはメリットだけではなくデメリットもあるので、その点を踏まえて対処法を検討する必要があります。

4.債務整理や任意売却以外の対処法はあるのか

中には債務整理や任意売却などの手段が取れなかったり、それ以外の方法で住宅ローンを何とかしたいと考えている人もいます。すでに滞納してしまっている場合には早急に解決しなければいけないので債務整理や任意売却が必要ですが、滞納する前であれば払えないようになる前にできる対処はいくつかあります。

例えば家計簿の見直しをしておけば出費を抑えられるのはもちろん、毎月の固定支出で抑えられるポイントがあるのかどうかも検討可能です。またどうしても住宅ローンの返済と収入がかみ合わないのであれば、パートやアルバイト、副業などで収入を増やすという方法も検討できます。

ほかにも金融機関とリスケジュールの交渉を行って、住宅ローンの返済額や返済期間を見直してもらうという方法もあります。さらに他の金融機関に借り換えをすれば金利が低い銀行などに切り替えられるので、滞納する前に利用するのがおすすめです。