借金の一本化はするべき?メリットとデメリットを理解して選択しよう

      借金の一本化はするべき?メリットとデメリットを理解して選択しよう はコメントを受け付けていません。

1.借金の一本化とは

借金の一本化とは、いわゆる「おまとめローン」や「借り換え」のことです。複数の金融業者から借金をしているときに、その借り入れを1社の会社にまとめてしまうことを言います。

複数の業者から借り入れていると、どこにいくら返済したか分からなくなったり、そのせいで返済計画が狂ってしまうことがあります。それを解決できるのが借金の一本化です。

借金を一本化するときは、まず新しい金融業者から借金総額分の融資を受け、そのお金で現在の借金を全て返済してしまいます。そして今後はその新しい金融業者に借金を返していくことになるのです。

銀行は「おまとめローン」を推奨しています。消費者金融の金利は高いことが多いため、毎月の返済額が高額になりがちです。しかし銀行は良心的な金利で融資してくれるところが多いので、同じ額の借金でも利息が低い分返すお金が少なく済み、生活を楽にすることができるのです。

2.一本化のメリット

借金の一本化の最大のメリットが、金利を安くすることができるという点です。銀行は消費者金融に比べると、かなり低い金利で融資してくれます。特にネット銀行は実店舗を持たず運営コストを下げているため、かなり低いところまで金利を下げてもらえることが期待できます。

複数の返済期日に追われる必要がなくなる、というのもメリットです。複数の会社から借り入れをしていると、毎月複数の返済日に追われることになります。複数社から借金をしているのですから、経済的に苦しい人が多いでしょう。にも関わらず返済日が月に何日もあると、計画的な返済プランが立てにくくなるのです。

返済日が複数あると、自転車操業に陥ってしまうリスクも高くなります。自転車操業とは、借金の返済がままならなくなって、返済したところからまたお金を借り来月の返済を行う、という方法です。これではいつまで経っても完済することができません。返済日を1日にすることで、このリスクを回避することができるのです。

3.知っておきたいデメリット

借金一本化のデメリットは、借金総額が増加するという点です。1つの会社から大きな額を借りることになるため、必然的に支払期間は長くなります。金利が下がって毎月の支払いが楽になる反面、合計金額は増えてしまうのです。一本化を行う前に、返済スケジュールと併せて返済総額についても予め把握しておきましょう。

借入先を一つにすると、いままでどこにいくら返済してきたのか、詳細が分かりにくなるというデメリットもあります。こちらもまとめてしまう間に履歴を取っておくことが重要です。

自分が借金を一本化したいと思っても、そのための審査に通らなければできません。当然金利が安ければそれだけ審査は厳しくなり、借入れている企業の数が多ければそれだけ審査に通りにくくなります。特に銀行系は5社以上から借り入れていると審査に通りにくいと言われているため、希望通りにいかない可能性があることを覚えておきましょう。

4.こんな人におすすめ

では、どのような人が借金の一本化に向いているのでしょうか。

とにかく現在の金利を下げて負担を減らしたい、という人は借金一本化に向いていると言えます。ただし現在の負担は減っても、トータルで考えると支払額は増える可能性があるため注意しましょう。

支払いにかかる期間は長くなってしまうものの、月に支払う額は小さくなるため、複数の返済に追われて生活がままならない、という人は検討してみると良いでしょう。

返済状況を整理し、毎月の収支をはっきりさせたいという人にもおすすめです。返済先が1つになるため月にいくら返済したのかはっきりします。

収入が安定してる人も、借金一本化に向いています。長期的に返済していく方法なので、むしろ安定した収入は前提条件と言ってもいいでしょう。収入が安定せず下がった月々の返済も見通しが立たない、というときは、債務整理を考えた方がいいでしょう。